no1.gif 0490.jpg
音 楽 に 溺 れ る 。
blog5r.gif blog5a.gif blog5ab.gif blog5b.gif blog5v.gif blog5t.gif blog5c.gif
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--
s03_6.gif
スポンサー広告|Trackbacks(-)|Voice(-)

郡山の対バンワンオク・・・!?!?
意外すぐる。渋谷O-WESTで対バンしてたよね。
ONE OK ROCK。エトセトラは好きだけども
発表遅らせたのもわかるわ。うん


そういや遅れましたけども嵐田さん30歳おめでとうございます。
GARAGEのレスキューファイナル行きたかったな。きっと楽しかったんだろうなー・・・
あと2年したら行き放題だな、下北にも。大学行ければ・・・


エルレの新木場申し込みしてきました。
整理番号なんてどうだっていいから当たってくれ。
駄目でも音漏れ行こうと思います。




ささ、課題やっちゃいましょう。



スポンサーサイト
飛行機雲 / LUNKHEAD




これ自分のこと言われてるような歌詞で怖くてならない。




3時まで寝ていた。
要は30分前に起きました



夢は 時々好き
時々嫌い


思い出したくも無い人が何回も出てくる
でもそれは自分への罰だと知っている

いい加減もうさっぱり忘れたいよ。


今日はやけに懐かしい人が出てきた
なんか怒ってるっぽかったのに
あたしにだけは苦笑いしながら
「最近俺に冷たくない?」とか言う

ー・・・だってアンタ、結婚しちゃったじゃん。
と夢の中の自分は思う



まぁ、ただの中学時代の先生だったんだけどね。
先生、の常識を覆した先生。

意味分からんな。笑






60年以上前の今日、広島に原爆が投下された。

世界史の先生は「戦争が起こるたびに文明が発展する」とか言ってたが
これは戦争の類として扱っていじものではないと思う。

殺戮にすぎない
あたしは戦争というものを知らないが
サイレン、昔の空襲警報の音が怖くて仕方ない
魂は知っているようだった
実際のところ分からないが



いずれ誰の心からも忘れ去られ
ただの歴史の一部にならないように
この日を繋いでいきたい

昨日のこと。
とりあえず1つも終わっていない課題を少しでも進めようと思い、読書感想文に手をつけた。
とは言っても本など購入していない(そもそも感想文の課題があることを一昨日知った)ので
棚の奥にあるであろう文庫本をわさわさとあさってみた。


梨木香歩著の『西の魔女が死んだ』。
"ラスト3ページで涙が止まらない"というキャッチフレーズに強く惹かれて、中1のときに購入したものだ。


当時自分がどのような気持ちで読んだかはわからないが(泣いたことだけは確かだが)

内容は全部覚えていた。
ペラペラ読めば思い出すだろう、と思って捲ってみたら、結局最後まで読んでしまった。
そして例の如くラスト3ページで号泣するのであった。

この作品は題目からは想像も出来ない、爽やかな死が描かれていて好きだ。
会話表現がなにか物足りない、と若干感じたりしたけれど、ラスト3ページの感動と言ったらもう凄い。



しかし結局読書感想文は進んでいない。






・・・と、まぁ最近は全く読んでいなかったけど、実は本を読むのが好きなんです。
ぶっちゃけると音楽を聴く集中力より本を読む集中力のがあります。と思ってます。
1回読み始めると止まらない。

そして読むのが早い、これ唯一の特技。



最近山田詠美という作家が気になる。

現代文の教科書に『ひよこの眼』という作品が載っているのですが、それがもう。
凄く引き込まれてしまう。

決してハッピーエンドではない、悲しい結末だけれど、暗さが後を引かない。
なんだろう、何度も何度も読み返してしまいます。



他の作品も読んでみたい。



西の魔女~は映画化もしてたんですね。
DVD借りてこよう。



本ってその物語の中の情景を思い浮かべることが出来るから好きだ。
漫画みたいに背景は描かれていないからこそ。

勿論漫画も好きですが。
某バンドマンがリスペクトしまくっている日本橋ヨヲコ先生が非常に気になる。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。